歌詞検索

  • 歌ネット(73,000曲:新曲歌詞満載)

スポンサードリンク

admax

あし@

『とりぱん』最高におもしろい!お勧め度100

 絶対お勧めの漫画です。  

 鳥好きでなくても個性溢れる野鳥が面白いですよ。

 独特のタッチで鳥たちやいろんな生き物、作者の生活等がイキイキと描かれています。

 おもわず笑ってしまったり、時折ドキッとする詩的な文章が心に響きます。

 ほのぼのしていて、こんな生活してみたい! って思います。

 自然って意外と身近にあるんだなーと思いましたね。

 とりぱん、って・・・?

 鳥のエサにパンをあげる、という意味でした。

 アオゲラぽんちゃんやつぐみのつぐみんに会いたいです。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします。

しょこたんも取り上げた「コミック全巻セット大人買い」

 コミック大好きです。最近は「バガボンド」や「20世紀少年」を全巻読破しました。

 子供にもあまり過激な内容でない限りは、意外と人間形成にも役立つのではないかと思っています。ビジュアル的に社会を覗けることは結構、意有義ではないのかなー。

 息子は結構、主人公の名言?っぽい言葉を使います。ひょんなことで、「おお!すばらしいこと言うじゃないか!」なんてほめると、たとえば・・・「これは、おーい竜馬のまんがで、でてたんだよ」なんて返事がきます。(^^)

 日本最大の人気コミック全巻セット販売 サイトを紹介します。

 ワンピーススラムダンクドラゴンボール花より男子など、人気のコミックの全巻セットを購入できます。大人買いです!

 基本的に24時間以内発送を実施しており、いち早くイッキ読みコミックを届けてくれます。

 しょこたんブログhttp://blog.excite.co.jp/shokotan/ で取り上げられ、ヤフーの検索急上昇ランキング1位になるなど、各メディア注目のショップです。

 テレビ、雑誌でも繰り返し紹介されております。

 

AKB48, リアディゾン, 中川翔子 ('07紅白)

ゲームの達人

 ゲームの達人・・・ゲーマーの話ではありません。20年以上前に超ベストセラーになった小説です。

 作者は「シドニィ・シェルダン」です。「超訳」として、とても読みやすく、私はほとんどのシリーズを持っています。

 とにかく、読み出したら、おもしろくて、ストーリーに引き込まれて、止まらない。夜更けでもかまわず読んでました。

 暇つぶしには、最適な本ですね。

 中学生の娘が、学校の読書時間に読む本がないか聞いてきたため、この本を貸してあげました。

 すると、どうでしょう、その日のうちに読みきってしまいました。そして、本棚のなかから、三シリーズほど、出してきて読んでいるではありませんか。

 娘は受験生なので、とりあえず受験が終るまで、封印しました。

 「世代を超えてもおもしろい」ことが、わかったため、ブログに紹介することとしました。

 私も久しぶりに、もう一度、読んでみようと思います。

 

「六三四の剣」はすばらしい!

 まんがですが、「六三四の剣」はとてもおもしろいです。わくわくします。真面目なストーリーの剣道マンガですが剣道を志している人には必読です。子供が小学2年生の頃剣道を始めたのですが、体は小さいし、いつまで続けるか心配だったので、この本を読ませたら、すっかりはまってくれて、よく、内容について話かけられました。大人が読んでも楽しいです。

 私としては、いつまでも剣道を続けてほしかったので、内心買ってよかったなー(^^)とほくそえんでいます。現在、中学生ですが、頑張って続けてくれています。

忘れかけた心の故郷

 去年から、マイブームなのが、コレ!⇒「三丁目の夕日」というコミック本です。(^^)

 コンビニで売っている少し安くて、再発刊されたものです。Photo

 子供たちにもなぜか、とても好評で、買ってくると夢中で読んでいます。

 

  昭和30年代のとても懐かしい、私(36年生まれですが田舎ですので時間差的に都会の30年代ではないかと思います)にとってはごく当たり前の世界でした。もちろん怖い人もいたし、嫌な人もいましたけれど、人情味のあふれた人たちがたくさんいたような気がします。

 特に思うのが、自分でできることは自分でやるとか、自分の身は自分で守るとか、困っている人を助けるということが当たり前の世界があったと思います。

 最近なにかあっても知らんぷりしたり、誰か(自分は棚に上げて町内会長さんに一方的に頼むとか)に言えば、なんとかしてもらえる・・・と安易に考えすぎのような気がします。

 もちろん、余計なことをすれば、すぐ切れる人に危害を加えられてしまう世の中ですから無理からぬ話かもしれません。

 貧しくても希望を持って協力して生きていた時代と、なんでも簡単に手に入ってしまう時代。どちらがいい?もちろん、いいとこ取りがいいですね。

 もっと、社会が成熟すれば、可能かもしれません。難しいことはよくわかりませんが、人にはやさしく接したいと思うこの頃です。

うる星やつらはおもしろいね

 私が、高校生の頃、「うる星やつら」が発売され、当時友人が「ウルボシヤツラはおもしろいなー!」といったので爆笑した記憶があります。

 コミック本を全巻集めていつしか忘れていましたが、昨年古い方の家屋を取り壊すときでてきたので、古紙回収に出すように束ねていたとき、他のコミックもたくさんあったなかで子供たちが何冊か抜いていて、後日、おもしろかった感想を聞きました。そのとき、ウルボシヤツラの話をしてあげたら我が家の会話ではウルボシヤツラで通ってます。
 

 数冊生き残った本のなかに、最終回があり、子供たち(3人)はそれぞれ「あたる」と「ラム」との愛に感動し、よくここまで、ストーリーを覚えて語れるな~というくらいもりあがっていました。
 長女は「うる星やつら [新装版]」をすでに3冊買ったそうです。(全34巻中、現在24巻まで発売中)合計34名の作家がそれぞれの「ラムちゃん」を描くという企画が進行中だそうです。大切にしていて誰にもさわらせません。

ラムの一途さとあたるのシャイなところがいいですねー。娘があきたら新装版を見せてもらおうと思います。(^^)

時の流れは早いですね

infotop

楽天ランキング

  • Rakuten
無料ブログはココログ